• センター長挨拶

    加藤千幸センター長・教授革新的シミュレーション研究センター (Center For Research On Innovative Simulation Software、略称CISS) は2013年4月に改組しました。

    第1期CISSは2002年1月に設置された「計算科学技術連携研究センター」の研究成果を引き継ぐ形で2008年1月に発足しました。この第1期CISSの主要な事業は、2008年10月から2013年3月に掛けて実施した文部科学省次世代IT基盤構築のための研究開発「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」やスーパーコンピュータ「京」の研究開発に同期して実施されている文部科学省「HPCI戦略プログラム」分野4次世代ものづくりプロジェクトでした。これらのプロジェクトにおいて、HPC (High Performance Computing) 環境におけるシミュレーション・ソフトウェアの研究開発と実証研究を強力な産学官連携体制により推進するとともに、産業界と連携してその普及にも努めて来ましたが、これらの活動は一定の成果を上げることができたものと自負しております。

    現在 (2013年4月時点) 計算科学分野では京の100倍の能力を持つ計算機であるエクサスケールの計算機の研究開発に関する議論が本格化しております。エクサスケールの計算機環境に対応する、先端的でかつ実用的なシミュレーション・ソフトウェアを研究開発することには多大な困難が伴うことが予想されています。全く新規の発想に基づくソフトウェアの開発が必要になる分野も多くあるものと思われますし、非常に大規模な解析結果をどのようにハンドリングするかもこれまで以上に重要な課題となることが予想されています。

    新CISSでは引き続き、分野4「次世代ものづくり」を推進していくとともに、これまで開発してきたシミュレーション・ソフトウェアの普及活動を積極的に展開するとともに、次世代の計算機環境で必須となる革新的な計算アルゴリズムやそれを実装した実用的シミュレーション・ソフトウェアの研究開発をリードしていく所存です。また、HPC環境を利用したシミュレーションとものづくり設計との間には距離があると認識しており、この距離を少しでも縮めるための新たな設計論の展開も図っていきたいと考えております。新CISSにつきましても、引き続き皆様方のご理解とご支援を頂ければ誠に幸いです。

    センター長 加藤千幸

    ページのトップへ